〒104−0061
東京都中央区銀座6−6−1−5F

TEL : 03-5537-6788

2019年

2020313日(金) 東京開催 脱、単品セールス!受注単価を上げる
 「コンパウンド・セールス」の実践法セミナー

受付開始

於:機械振興会館

  • 『販売不振を脱し、新商品の販売・新規事業を軌道に乗せたい』
  • 『自社の商品を普及させて使用者の利便性・安全性を向上させたい』
  • 『自社の新商品で、旧製品の市場とライバルを一気に抜き去りたい』と思っている経営者必見!

新規開拓力の強化で販売不振を脱し、シェアの獲得からナンバーワンを掴み取るまでのプロセスを大公開します。

新規開拓力の強化をせず、事業を軌道に乗せて繁栄する事はありません。

業績に直結するシェアには、各フェーズ毎にセオリーがあります。
新規開拓力を強化するためにやるべきこと、シェアの各段階毎にやるべきこと、それらが何か、絶対に抑えておくべきポイントを知る事で、販売不振を脱し、事業を飛躍させ強く繁栄していく事が可能となります。

  • 市場勢力図を変えられる様な新商品を投入したが、販売不振で困っている。
  • Webサイトのリニューアル、展示会出展、代理店による販売網構築など様々な事を実施したが売れずに困っており、何をしたら良いのか分からない。
  • 商品の問い合わせは来るが、受注に至らず成果に繋がらない。
  • 来た仕事をこなすだけで、主体的に仕掛けに行けない。攻めのセールスができないので、事業が停滞したまま軌道に乗らず先が見えない。
  • 既存事業が縮小傾向にあるため、早く新規事業を軌道に載せたいが、営業部隊が売ってこない。
  • コンペになっても、競合に勝てず悔しい思いをし続けている。
  • 市場に認知されていない商品のため、商談の場を作れず販売不振で困っている。


これらは商品が悪いのでありません。新規開拓力が弱く、シェアの各フェーズ毎のセオリーを完全に無視しているからです。

販売不振を脱し、事業を強く繁栄させていくためには、絶対に必要な要素(根幹となる土台)があります。そして事業を強くして市場を作り上げるためには絶対に抑えておくべきポイントがあります。本セミナーでは新規開拓力を強化して、市場を作り上げるために必要な考え方と成功事例を交えながら具体的なステップをお伝えします。上記のような具体的な課題の『原因』と『解決の糸口』が見えます。

  • お客様の喜ぶ顔を見て、喜ぶ声を聞いて、売り手ではなく絶対に必要なパートナーになります。
  • 営業部隊が主体的に仕掛けていく様になり、成果を出す事で事業が強くなります。
  • 競合を横目に市場を作り上げていく事が出来る様になります。
  • 業績が向上することで、社内にフィーバーが巻き起こります。
  • 新しいことにチャレンジして、成功事例を社内で共有する事で次に繋げられる様になります。
  • 勝ち続ける強い組織に生まれ変わります。

事業を強く繁栄させていくために絶対に必要な要素(根幹となる土台)を構築する事ができれば、その後も飛躍してシェア拡大・定着・逆転・トップシェアと市場を作り上げていく事ができます。しかし絶対に必要となる要素(根幹となる土台)が無ければ、一時的に販売に繋がったとしても、少しでも強い風が吹けば吹っ飛んでしまい、その場から退場を突き付けられてしまいます。

受講をお勧めする経営者(社長および経営幹部)の方

  • 販売不振、停滞している事業を脱し、事業を軌道に乗せ強く繁栄させたい
  • 想いを込めた新商品で旧製品の市場を一気に抜き去りたい
  • 新規開拓力を強化して、市場を作り上げたい
  • 主体的な仕掛けを行い、攻めのセールスを展開したい
  • 競合との差別化商品を持っているが価格競争に巻き込まれているため、低収益から脱却し収益を上げながら市場開拓をしたい
  • 自社の商品を市場に認知させ、市場勢力図を変えたい
  • 営業部隊が自信を持ち、勝ち続ける組織に変えたい

新規開拓力を強化して、狙った市場で絶対1位を掴み取る 
トップシェア販売法5大戦略セミナーの主な内容

戦略1業績直結のトップシェアを掴み取る市場鳥瞰図構築の基本戦略

  • 90%の営業部隊が苦戦している本当の原因
  • シェア獲得のための鉄則
  • 市場勢力把握とシェア獲得のツボ
  • 競合が選ばれる理由
  • 競合の営業体制とシェア獲得のための攻め所
  • 『対象』と『切り捨て』の製品別市場の選択と集中
  • 自社の強み・弱み
  • ターゲット市場攻略のための手がかり

戦略2 市場を作り上げるための競合対抗軸の設定

  • トップシェアを狙う3つの特性
  • 競合が届けているモノ
  • 牙城を崩しに行く金の卵
  • 自社が本当に届けるべきモノ
  • 製品の日の出と日没と心理シェア
  • 戦略商品の立ち位置と目指すべき方向性
  • 競合との時間軸と攻撃
  • 防御壁を忘れるな

戦略3売れる営業ロジックを作り出すゴールデントライアングル戦略

  • 最先端技術だけでは売れない本当の原因
  • 見込み客が欲しくなるゴールデントライアングル
  • 相手の興味をひく切り口と武器
  • 提供価値の因果関係と物語づくり
  • 目に見えてこそ価値は伝わる
  • 仕掛けなくして成果なし
  • 仕掛けを段階別に分ける手順と設定
  • シェア獲得に必要な絶対条件

戦略4シェアを確実に積み上げていくための固めて攻める営業先戦略

  • 販路拡大の愚
  • 下請け営業からの脱却
  • シェア拡大のための優先順位
  • シェア拡大のためのターゲットと一点集中の鉄則
  • 新規開拓なくしてシェア拡大の道なし
  • 顧客接点強化とシェア拡大
  • 市場の共感とコンセプト
  • 市場と結婚

戦略5岩盤のシェアを築き圧倒的強みを発揮する拡散戦略

  • 顧客が顧客を呼ぶフォローと仕掛け
  • 拡散のための3つの急所
  • 競合を突き放す情報発信
  • 岩盤を固めるポジショニングと参入障壁
  • 社長とモルディブ
小津 遥

専任講師/ 小津 遥(おづ はるか)について

経営コンサルタント。トップシェア獲得に導く専門家。

日本を代表する世界的大企業が圧勝している市場を僅か3年で1:9から9:1にシェアを逆転させた実績を持ち、その独自ノウハウを体系化した販売戦略コンサルタント。

これまで、15年以上にわたり新規開拓営業を実施し続け、数々の市場で商品を普及させ市場を作り上げる。


 前職の電機メーカーでは市場からの支持無し・人脈無し・販売手法の確立無しの市場を担当。
日本を代表する世界的大企業が圧勝し、独壇場の市場のため販売不振に陥り不眠になる。
目の前に立ちはだかる物凄く強く・とてつもなく高い壁に対して逃げたくなる事もあったが「どうすれば市場からシェアを獲得できるのか?」と模索し続ける中で、「ある重要なコト」を発見。

 担当した当初は新規開拓営業を実施しても全く芽が出ない状態だったが、世界的大企業が謳歌する市場からシェア獲得に成功。
その後徐々にシェアを拡げ、僅か3年で1:9から9:1にシェアを大逆転させ、大苦戦していた市場にも関わらずシェアNo.1を掴み取った実績を持つ。
この当時に「業績に直結するシェアは各フェーズ毎にセオリーがある!」と発見した。
そして、その時の成功体験を今後の営業活動に活かすために、現在の「トップシェア販売法」のベースとなるモノを当時から独自に体系化。

電機メーカーの営業マン時代から、独自に体系化した販売・営業法を運用して、負け戦を勝ち戦に変え続けてきた。
10数年にわたり営業現場での実践を行い、販売・営業法のバージョンアップをし続ける。
トップシェア販売法のベースとなるモノを独自に体系化していたため、売れる突破口を探し出すことで狙った市場で勝ち続け、ある市場では数億円の大型案件を受注。

他社で進めて走っていた数十億円規模のプロジェクトも自社へ切り替える等、同社の長期的な売上確保とシェア向上に貢献。また新戦略を立案する事で新しい市場を作り出し、旧態依然の市場を一気に抜き去る売れる仕組みを構築し、新しい文化を作った立役者。

他社の新規事業商品を仕入れ、製造元のプロパーセールスマンよりも多数販売して来ることで市場を作り上げた経験も持つ。そのため他社の営業部隊からも営業方法を教えて欲しいとの声が上がる。

 いい商品や優れたサービスを持っているにも関わらず、新規開拓営業の仕組みを持ち合わせていないばかりに販売不振で苦労している企業に対し、自身の知識・経験・体系化した新規開拓営業のノウハウにより市場を作り上げる仕組みを構築することで、強い事業を展開するお手伝いをしたいという想いから精力的に指導を行っている。

開催概要

当社主催セミナーは100%返金保証!!
内容にご満足頂けなかったら、理由を問わず全額返金致します。

※同業および同業に準ずる方は、ご参加頂けませんのでご注意ください。

詳細はこちら

「日本の専門コンサルタント年鑑2020」に厳選実力コンサルタント100人として紹介されました。

弊社代表の小津遥が「日本の専門コンサルタント年鑑2020」に厳選実力コンサルタント100人として紹介され、記事が掲載されました。4ページにわたり「経営戦略・販売戦略」で紹介されました。                                            ...

詳細はこちら

第15話 販売活動を放棄すれば売れなくて当然

「新規事業を立ち上げて3年が経ちました。しかし想いを込めて作った商品が全く売れず困っています・・・」先日、ある経営者の方にスポットコンサルティングを実施した際に相談を受けました。  販売が苦戦してしまう要因は色々とありますが、絶対にやってはならない事をやってしまっていたの...

詳細はこちら

第14話 属人的な事をしていたら、いざと言う時に対応が困難になる

「新市場を担当している営業マンが今月で退社することになりました。あの市場は私をはじめ社内にいる他の者も詳しくないので、せっかく市場開拓を進めていたのに継続できるか不安で・・・」先日ある製造業の経営者の方と面談した際に不安を口にされておりました。  話を詳しく伺ってみると、...

詳細はこちら

20191212日(木) 東京開催 脱、単品セールス!受注単価を上げる
 「コンパウンド・セールス」の実践法セミナー

受付開始

於:機械振興会館

  • 『自社の商品を市場に認知させたい』
  • 『自社の商品を普及させて使用者の利便性を向上させたい』
  • 『自社の新商品で、旧製品の市場とライバルを一気に抜き去りたい』と思っている経営者必見!

シェアを獲得して、1位を掴み取るまでのプロセスを大公開します。

現在の延長線上にトップシェアへの道はありません。

業績に直結する商品の普及活動には、各フェーズ毎にセオリーがあります。
シェアの獲得、拡大、定着、逆転をさせていくためのポイントを知る事で、これまでのやり方から脱却し、トップシェアへの道が開かれます。

  • 狙った市場に今まで無かった商品を投入したが、中々売れない。
  • 市場開拓が思った様に出来ず、自社の商品が普及しない。
  • 来た仕事をこなすだけで、能動的に仕掛けに行かない。指示待ち社員が多い。
  • 年々業績が下がってきているために、社内の士気が下がっている。
  • チャレンジしたくても、どうやったら良いか分からない。
  • 一部の優秀な社員に頼りっぱなしになっている。


これらは会社に武器や売れる仕組みがないことが原因です。

市場に普及させるためには、絶対的な手順と仕掛けが必要です。そしてトップシェアを掴み取るためには絶対に抑えておくべきポイントがあります。本セミナーでは成功事例を交えながら具体的なステップをお伝えします。

  • お客様の喜ぶ顔を見て、喜ぶ声を聞いて、売り手ではなく絶対に必要なパートナーになった。
  • 武器と売れる仕組みを手にしたことで、能動的に仕掛けていく様になった。
  • 社長が指示をしなくても積極的に仕掛ける組織となる事で、売上と利益を上げられる様になった。
  • 業績が向上したことで、社内にフィーバーが巻き起こった。
  • 新しいことにどんどんチャレンジして、成功事例を社内で共有できる様になった。
  • チーム全員で活動できる様になったため、勝ち続ける強い組織に生まれ変わった。

武器と売れる仕組みがあることで、今までとは別次元の組織に生まれ変わり、価格の支配権を持った儲かる強者となり、社内に勢いがつきます。

受講をお勧めする経営者(社長および経営幹部)の方

  • 商品を普及させるための手順と仕掛けをものにしたい経営者の方
  • 自社の技術、新商品で旧製品の市場を一気に抜き去ってトップシェアを掴み取りたい経営者の方 
  • 競合と差別化した新商品が思い通りに売れず困っている経営者の方
  • 競合との差別化商品を持っているが、価格競争に巻き込まれているため、低収益から脱却し収益を上げながら市場開拓をしたいと考える経営者の方
  • 自社の商品を市場に認知させたい経営者の方
  • 自社が提供できる価値を世の中に広めるためにトップシェアを掴み取りたい経営者の方
  • 既存商品の分野が縮小しているため、新しい市場に参入したいと考える経営者の方
  • 能動的に新規開拓を行いたい経営者の方
  • 勝ち続ける組織に変えたい経営者の方

自社の商品を市場に認知させ、狙った市場で絶対1位を掴み取る 
トップシェア販売法セミナーの主な内容

戦略1業績直結のトップシェアを掴み取る市場鳥瞰図構築の基本戦略

  • 90%の営業部隊が苦戦している本当の原因
  • 市場規模と細分化のシェア獲得のための鉄則
  • 市場勢力把握とシェア獲得のツボ
  • 競合が選ばれる理由
  • 競合の営業体制とシェア獲得のための攻め所
  • 『対象』と『切り捨て』の製品別市場の選択と集中
  • 自社の強み・弱み
  • ターゲット市場攻略のための手がかり

戦略2シェア拡大からトップを目指すための商品設定と競合対抗軸の設定

  • トップシェアを狙う戦略商品の3つの特性
  • 競合が届けているモノ
  • 牙城を崩しに行く金の卵
  • 自社が本当に届けるべきモノ
  • 製品の日の出と日没と心理シェア
  • 戦略商品のポジショニングと目指すべき方向性
  • 競合との時間軸と攻撃
  • 防御壁を忘れるな

戦略3売れる営業ロジックを作り出すゴールデントライアングル戦略

  • 最先端技術だけでは売れない本当の原因
  • 見込み客が欲しくなるゴールデントライアングル
  • 相手の興味をひく切り口と武器
  • 提供価値の因果関係と物語づくり
  • 目に見えてこそ価値は伝わる
  • 仕掛けなくして成果なし
  • 仕掛けを段階別に分けるドリップコーヒーの法則
  • シェア獲得に必要な絶対条件

戦略4シェアを確実に積み上げていくための固めて攻める営業先戦略

  • 販路拡大の愚
  • 下請け営業からの脱却
  • シェア拡大のための優先順位
  • シェア拡大のためのターゲットと一点集中の鉄則
  • 新規開拓なくしてシェア拡大の道なし
  • 顧客接点強化とシェア拡大
  • 市場の共感とコンセプト
  • 市場と結婚

戦略5岩盤のシェアを築き圧倒的強みを発揮する拡散戦略

  • 顧客が顧客を呼ぶフォローと仕掛け
  • 拡散のための3つの急所
  • 競合を突き放す情報発信
  • 岩盤を固めるポジショニングと参入障壁
  • 社長とモルディブ
小津 遥

専任講師/ 小津 遥(おづ はるか)について

経営コンサルタント。トップシェア獲得に導く専門家。

日本を代表する世界的大企業が圧勝している市場を僅か3年で1:9から9:1にシェアを逆転させた実績を持ち、その独自ノウハウを体系化した販売戦略コンサルタント。

これまで、15年以上にわたり新規開拓営業を実施し続け、数々の市場で商品を普及させ市場を作り上げる。


 前職の電機メーカーでは市場からの支持無し・人脈無し・販売手法の確立無しの市場を担当。
日本を代表する世界的大企業が圧勝している市場のため販売不振になり大苦戦する。目の前に立ちはだかる物凄く強く・とてつもなく高い壁に対して逃げたくなる事もあったが「どうすれば市場からシェアを獲得できるのか?」と模索し続ける中で、「ある重要なコト」を発見。

 担当した当初は新規開拓営業を実施しても全く芽が出ない状態だったが、世界的大企業が謳歌する市場からシェア獲得に成功。
その後徐々にシェアを拡げ、僅か3年で1:9から9:1にシェアを大逆転させ、大苦戦していた市場にてナンバーワンを掴み取った実績を持つ。
この当時に「業績に直結するシェアは各フェーズ毎にセオリーがある!」と発見した。
そして、その時の成功体験を今後の営業活動に活かすために、「トップシェア販売法」として当時から独自に体系化。

電機メーカーの営業マン時代からトップシェア販売法を運用して、負け戦を勝ち戦に変え続けてきた。
10数年にわたり営業現場での実践を行い、トップシェア販売法のバージョンアップをし続ける。
トップシェア販売法として体系化していたため、売れる突破口を探し出すことで狙った市場で勝ち続け、ある市場では数億円の大型案件を受注。

他社で進めて走っていた数十億円規模のプロジェクトも自社へ切り替える等、同社の長期的な売上確保とシェア向上に貢献。また新戦略を立案する事で新しい市場を作り出し、旧態依然の市場を一気に抜き去る売れる仕組みを構築し、新しい文化を作った立役者。

他社の新規事業商品を仕入れ、製造元のプロパーセールスマンよりも多数販売して来ることで市場を作り上げた経験も持つ。そのため他社の営業部隊からも営業方法を教えて欲しいとの声が上がる。

 いい商品や優れたサービスを持っているにも関わらず、新規開拓営業の仕組みを持ち合わせていないばかりに販売不振で苦労している企業に対し、自身の知識・経験・体系化した新規開拓営業のノウハウにより市場を作り上げる仕組みを構築することで、強い事業を展開するお手伝いをしたいという想いから精力的に指導を行っている。

開催概要

当社主催セミナーは100%返金保証!!
内容にご満足頂けなかったら、理由を問わず全額返金致します。

※同業および同業に準ずる方は、ご参加頂けませんのでご注意ください。

詳細はこちら

第13話 ランダム出展をしても成果はない

「自社の商品を知ってもらおうと様々なイベント・展示会に参加しています。しかし販売に繋がらず困っています・・・」先日、ある経営者の方と面談をした際に相談を受けました。  詳しく話を伺ったところ、2年前にリリースした商品を市場に知ってもらいたくて全国各地の様々なイベント・展示...

詳細はこちら

第12話 販売戦略を立てる事の効果

「オヅさん、今期のA社への売上は1億円を超えます!!!」先日、以前勤めていた会社の後輩営業マンと久しぶりに会って食事をした時の話です。 私は会社員時代に、彼の教育担当として指導を行なっていたので、A社の事は良く知っています。今までは毎年1,000万円程の取引をしていたので...

詳細はこちら